Adobe Photoshop 形式(psd)で入稿可能な名刺印刷業者6社

開業すれば名刺も必要となりますが、多くの名刺印刷業者では Adobe Illustrator 形式(ai)でのデータ入稿を求められます。クラウドソーシングなどを利用して名刺を作ってもらう場合、納品データとして Illustrator 形式で受け取ることは可能ですが、後から住所が変更になったり、従業員が増えたりしたときに、その都度データの修正を依頼するのはできれば避けたいところです。かといって、Adobe Illustrator を使うには月額5,680円のコンプリートプランか月額2,480円の Illustrator 単体プランを利用する必要があり、日常的に業務で Illustrator を使う人以外にはハードルが高すぎます。

一方、Adobe Photoshop はフォトプランを利用すると、月額980円で使うことができます。Web周りの仕事をしていると、画像や写真の加工は割とやりますし、お値段もお手頃なので私も利用しています。

名刺やチラシの場合、Illustrator を使うのが最適なのは承知のうえで、Photoshop の psd 形式での入稿ができる業者を探してみました。テンプレートファイルのダウンロードページが確認できたところを挙げていきます。

また、同じデザインであっても、用紙によって印象がだいぶ変わります。業者によって印刷できる用紙が異なるので、注文ページで確認したり、用紙サンプルを請求したりしたほうがよいと思います。下のリストでは、用紙サンプルの請求フォームのリンクもあわせて紹介しておきます。

グラフィック

テンプレートファイルのダウンロードページはこちら。Photoshop 以外にも Office のファイルなども入稿可能です。

用紙サンプルの請求はこちら。サンプルの請求には会員登録が必要です。

プリントパック

テンプレートファイルのダウンロードページはこちら。 こちらも Word や PowerPoint のファイルなども入稿可能です。

用紙サンプルの請求はこちら。サンプルの請求には会員登録が必要です。

名刺本舗

テンプレートファイルのダウンロードページはこちら。こちらも Word や PowerPoint のファイルなども入稿可能です。

用紙サンプルの請求はこちら。会員登録は不要です。

ADPRINT

テンプレートファイルのダウンロードページはこちら。こちらも Word や PowerPoint のファイルなども入稿可能です。

用紙サンプルの請求はこちら。会員登録は不要です。

印刷屋さんドットコム

テンプレートファイルのダウンロードページはこちら

用紙サンプルの請求はこちら。会員登録は不要です。

ウエーブ

テンプレートファイルのダウンロードページはこちら。Word や PowerPoint のファイルなども入稿可能です(ただし、追加料金が必要)。

用紙サンプルの請求はこちら。会員登録は不要です。

この記事を書いた人

グッドネイバー

“ Webに悩むお客さまの「よき隣人」でありたい ” をモットーに、Web システム開発(主に Laravel)、Web マーケティング支援の仕事をしています。詳しい業務内容はこちら。お仕事のご依頼・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ。