ポイントを利用して商品を購入したときの freee での入力方法

Amazon でポイントを使って商品を購入したときの freee での入力方法に悩んでサポートの方に教えてもらったので、ここで共有してみます。

前提

ポイントを使って商品を購入したときの仕訳については、事業者が商品購入時にポイントを使用した場合の消費税の仕入税額控除の考え方が参考になります。以下の説明もこちらのサイトの説明に基づいて記載しているつもりですが、私自身は税務の専門家ではないのでご注意ください。

商品代金の一部をポイントで支払った場合

商品代金の一部をポイントで支払った場合の仕訳は以下のようになります。

借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額
消耗品費1,000円現金500円
雑収入(消費税不課税)500円
商品代金の一部をポイントで支払った場合の仕訳

ポイントの扱いについては、上記の国税庁のサイトでも説明されているように、「ポイント値引き」と「ポイント支払」の場合で異なり、「ポイント値引き」の場合は費用のマイナスになるのに対して、「ポイント支払」の場合は雑収入(消費税不課税)となります。

上記の例は「ポイント支払」の場合です。Amazon の場合、領収書の支払方法のところに Amazon ポイントが記載されているので、「ポイント支払」になると思います。

商品代金の全額をポイントで支払った場合

商品代金の全額をポイントで支払った場合の仕訳は以下のようになります。

借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額
消耗品費1,000円雑収入(消費税不課税)1,000円
商品代金の全額をポイントで支払った場合の仕訳

freee での入力方法

商品代金の一部をポイントで支払った場合

こちらは割と簡単です。支出の登録で詳細登録を選び下記のように入力します。

すると、以下のような仕訳がされて、期待通りの入力ができていることがわかります。

商品代金の全額をポイントで支払った場合

今回サポートの力を借りたのはこちらのほうです。上記と同じ方法で、雑収入に 1,000 を入力すると、「取引金額は0より大きい値にしてください」というエラーが出てしまいます。

この場合、いったん取引を未決済で登録した後に、「+更新」の機能を使って入力します。

登録後の取引画面の「決済」のところにある「+更新」をクリックします。

更新したい取引を選択すると表示される以下の画面で入力します。

すると、以下のような仕訳がされます。

未払金がいったん計上されるのが難点ですが、希望通りの取引が登録できました。

この記事を書いた人

グッドネイバー

“ Webに悩むお客さまの「よき隣人」でありたい ” をモットーに、Web システム開発(主に Laravel)、Web マーケティング支援の仕事をしています。詳しい業務内容はこちら。お仕事のご依頼・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ。