Microsoft 365 で別ドメインのメールアドレスを作成する

自社で example.com と example.co.jp を取得しているときに、t.yamada@example.com と t.yamada@example.co.jp を一つのメールボックスに受信させたいというニーズは割とあるのではないかと思います(親会社の社員が子会社の名刺を持って活動するときなど)。

Microsoft 365 管理センターのユーザー編集画面の [ユーザー名とメール アドレスの管理] でエイリアスを設定すればうまくいきそうですが、この画面では @ の左側の部分が既存のユーザーと同じエイリアスを作成することはできません。ドメインが同じ場合は当然ですが、別のドメインであっても作ることができないのです。

今回はこのようなメールアドレスを作る方法をご紹介します。

Exchange 管理センターを使う

実は上記の設定、Exchange 管理センターを使えば行うことができます。

画面左側の [受信者] を選び、[メールボックス] でドメインを追加したいユーザーを選択し、ダブルクリックまたは編集ボタンを押して編集画面に入ります。左側の [メールアドレス] を選び + ボタンを押すと、表示される [メールアドレスの新規作成] 画面で登録したいメールアドレスを設定します。

メールアドレス作成画面

[メールアドレスの種類] は SMTP を選んでください。[このアドレスを返信アドレスに設定する] にチェックを入れると、そのメールアドレスがデフォルトのメールアドレスになります。

PowerShell を使う

同じ設定を PowerShell を使っても行うことができます。まずはいつもの接続です。事前準備など詳しくはPowerShell で Microsoft 365 のユーザーを一括登録するをご覧ください。

$UserCredential = Get-Credential
# Microsoft 365 のログイン情報を入力

$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
Import-PSSession $Session -DisableNameChecking

続いて以下のコマンドを実行します。

Set-Mailbox "t.yamada" -EmailAddresses @{add="t.yamada@example.co.jp"}

これで設定完了です。一度に複数のメールアドレスを設定することもできて

Set-Mailbox "t.yamada" -EmailAddresses @{add="t.yamada@example.co.jp", "t.yamada@example.net"}

とすると、一度のコマンドで t.yamada@example.co.jp と t.yamada@example.net を追加することができます。

また、

Set-Mailbox "t.yamada" -EmailAddresses @{add="SMTP:t.yamada@example.co.jp"}

とメールアドレスの前に SMTP: を付けることで、そのメールアドレスをデフォルトのメールアドレスにすることができます。

この記事を書いた人

グッドネイバー

“ Webに悩むお客さまの「よき隣人」でありたい ” をモットーに、Web システム開発(主に Laravel)、Web マーケティング支援の仕事をしています。詳しい業務内容はこちら。お仕事のご依頼・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ。