Laravel のバージョンを指定してインストールする

以前の記事で Laravel のインストール方法について紹介しましたが、紹介した laravel/installer を使用した方法だと、最新バージョンの Laravel がインストールされてしまいます。

Laravel の現在(2020年3月)の最新メジャーバージョンは7ですが、バージョン7のバグフィックス期限は2020年9月、セキュリティフィックス期限は2021年3月までとなっていて、安定して運用しようとすると少々不安です(リリースノート参照)。そのため、Laravel には LTS リリースが用意されています。

最新の LTS リリースはバージョン6系で、こちらのバグフィックス期限は2021年9月、セキュリティフィックス期限は2022年3月までとなっています。そこで、/var/www/blog に Laravel6系をインストールする方法を紹介します。

cd /var/www
composer create-project laravel/laravel blog "^6.0"

最後の "^6.0" の部分がポイントで、このように指定することで、6.0以上7未満の最新のバージョンをインストールすることができます。

この記事を書いた人

グッドネイバー

“ Webに悩むお客さまの「よき隣人」でありたい ” をモットーに、Web システム開発(主に Laravel)、Web マーケティング支援の仕事をしています。詳しい業務内容はこちら。お仕事のご依頼・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ。